複数の古武術を学べる 崇真舘道場へ ようこそ!


崇真舘は本格武道を通して

心身の健康と伝統文化の魅力を伝えるために

2014年7月にスタートしました。

 

崇真舘はこんな方にお薦めです。

 

自然に体重を落としたい

自然な筋肉をつけたい

心と体を鍛え自らを変えたい

演武に参加したい

古武術を学びたい

 実戦的な格闘術を身につけたい

生涯続けられるものをしたい

 将来、自分の道場を持ちたい

日本人の誇りに目覚めちゃった

伝統武道を後世に伝える志事がしたい

武道で新しい事に挑戦している代表と一緒に何かがしたい

      

崇真舘 活動実績

2014年9月〜2015年8月
・株式会社なごみん 保育園での土曜教室
2015年3月
・荒子公園梅見祭り
2014年〜2017年 11月3日(文化の日イベント)
・文化のみち橦木館 演武
2017年11月
・名古屋市緑区ライブハウス 演武
2018年1月
・第五回 熱田神宮奉納武道 演武会

棒術動画

【稽古場所】

愛知県スポーツ会館
愛知県名古屋市北区名城1-3-35
地下鉄名城線 名城公園より徒歩5分
駐車場 有


【稽古日程】
毎週水曜
18:30~21:00
体験(事前予約必須)も承ります。

見学無料
★お気軽にお越しください

【会費】
体験料金1,000円 ※2回まで
入会金10,000円
 月/4回 6,000円 
(愛知県スポーツ会館使用料は個人負担です。 1回600円、御負担願います)
・その他、プライベートレッスン、団体の稽古依頼 金額・応相談
・演武依頼 受け付けています
・1年に2回、春と秋に昇級・昇段審査有り
・道着は空手着を使用しています

私の合気道体験談       

私が北海道の綜合武道宗武舘道場で学んだ本格武術です。

合気道は剣と一体の武術であり、

相手を傷つけずに制圧するという点においてもっとも高度な技術です。

侍の表芸(おもてげい)は刀であり、それに対して合気道は裏芸(うらげい)といわれます。

合気道を学ぶと着物や袴の着付け、

侍文化の作法が身につき他の日本武術の修得も早くなります

受け身がしっかり取れるだけで、躓いて転んだ時などケガのリスクを大幅に減らします

私は自転車で車と接触して2M以上 突き飛ばされコンクリートに激しく叩き付けられても受け身のお陰で無傷だった経験があります。自転車は恐ろしいくらい歪んでいました。

合気道により一命を取り留めたといっても過言ではないでしょう。

 

近年、護身術を身に付けたいという女性の声が増えています。

合気道は護身術において、とても効果の高い武術です。

また当舘の特徴として合気道と棒術をセットで指導しています。

合気道と共に学ぶことで益々護身の効果も高まります。

稽古場所

愛知県スポーツ会館

【お問い合わせ】


Twitter:@sushinkan07

Mail: sushinkan@gmail.com

メモ: * は入力必須項目です

代表者 プロフィール

 

崇真舘

舘主 藪内 崇視

 

【プロフィール】

藪内 崇視 (やぶうち たかし)
1980年生まれで武道歴は17年。
2000年、20歳で武道を始める。
キッカケはスティーブン・セガールの映画を観たことで合気道を知り興味を持ったこと。また合気道の開祖、植芝盛平翁が20歳から武道を始めたと知ったことで自信を持った。
札幌の綜合武道 宗武舘道場(www.soubukan.com)で川村雅廣 先生に師事し、合気道・棒術・居合道の有段資格を取得する。また他に6種類の古武術を習った。
2008年、帝王学の詰まった柳生新陰流剣術を学ぶべく、札幌の道場を辞し名古屋へ移り住む。柳生会 会員 (www.yagyu-shinkage-ryu.jp) 。
2014年、自身主催である崇真舘を立ち上げ合気道と棒術を指導。道場の家紋は蓮の花で、泥の中から大輪を咲かせるさまを武道修練に置き替えている。
2015年、他流派の武道家との交流を深め垣根を超えて武道界の発展や伝統武道の継承などを話し合い貢献している。

演武の様子

【お問い合わせ】


Twitter:@sushinkan07

Mail: sushinkan@gmail.com

メモ: * は入力必須項目です